中古売買業に必要な資格を取得しているかチェック

古物商の許可をチェックしておこう

ブランド品買取サービスを利用するときにちょっと注意したいのが資格の有無です。これはなにか資格がないと利用できないのか疑問の感じる人も多いでしょう。基本的にリサイクルショップをするときには古物商許可が必要です。古物とは衣類や時計などの物品を中古や新古として販売するための資格です。ちなみに古物商許可があれば中古品の売買から交換の他に、委託を受けて売買をすることができます。古物商許可にはいくつかの種類があるので知っておくと良いです。ブランド品買取などのリサイクルショップをするときには古物商(1号営業)の許可が必要です。他にも古物商同士で物品の売買や交換をするときには古物市場主(1号営業)の許可を持っていないといけません。

買取サービスのホームページを確認しておこう

手持ちのブランド品を安全に売るときには古物商許可を持っている業者を利用します。これは各業者のホームページに書かれているので必ずチェックしておきましょう。どこに書かれているのかというと、大半が公式ホームページの最下段に表記されています。これは公安委員会許可という記載があります。その横には第何号というように番号が表示されているので調べておくと良いです。ちなみに各県ごとに古物商許可は取得する必要があるので、これも見ておきます。例えば東京で営業をするときには東京都公安委員会の許可があるのか確認します。古物商許可が一切書かれてない業者は無断で営業を行っている可能性が高いです。そのような業者は避けておきましょう。